RAF型レシプロケータ(ラフォード)

シンプルな構造で定速安定性に優れたインバータ制御ACモータ駆動のレシプロケータです。

ラフォード ラフォード

特徴・仕様

用途 自動塗装システム用レシプロケータ
特徴
  • 各種コントローラの組合せにより、被塗物の形状に応じた塗料の自動オン・オフ制御が可能。
  • 移動速度は、コンベアの速度や塗料塗着の状態に合わせて一定の範囲内で調整可能。
  • 3相モータをインバータでコントロールしているため、構造がシンプルで定速性に優れている。
  • 速度設定がインバータ盤面で簡単操作。
仕様
    型式 ラフォードRAF型
    対象塗装機 ガン・ベル
    耐圧防塵モータ インバータ / 1.5 kW
    位置検出方式 エンコーダ / パルスセンサー
    ストローク(移動距離) エンコーダ 可変
    パルスセンサー 一定
    ストローク制御 エンコーダ 10mm単位
    パルスセンサー 一定
    塗装機の移動速度 エンコーダ 0〜60mm/min
    パルスセンサー 0〜70mm/min
    ストローク長 1500mm, 1800mm, 2000mm,
    2200mm, 2500mm
    前進台車(Z方向) 手動式 500mm
    エアシリンダー 500mm
    レシプロコントローラ エンコーダ RCS-1
    パルスセンサー RPC-100 / ランズマックス