120年の歴史とともに

ビンクスの歴史

120年の歴史とともに

1887年、シカゴのマーシャルフィールドデパートで整備監督として働いていたジョー・ビンクスは、店の広大な半地下を漆喰塗装するために最初の塗装機を開発しました。もともとスーターブラスワークスとして知られていたビンクスの会社は、1911年に社名を正式にビンクスと改め、1920年代の初めにスプレーガンを導入。当時、車の塗装は27~30日間を要していましたが、ビンクスのフィニシング機器は、この期間をたったの8日間に短縮したのです。その後、1934年を境にビンクスは世界的な発展を遂げています。 ジョー・ビンクスによるスプレーフィニシングの開拓から120年以上経った今も、ビンクスのスプレーフィニシング機器は、世界中のあらゆる工業分野で活躍しているのです。